ショッピングカート
Shop now
Login
Search for products on our site
See more

"qualia" glass.
「クオリア」をつくる − 林亜希子

21 September 2020

"qualia" glass.

 岐阜県美濃加茂市にある"qualia-glassworks(クオリアグラスワークス)”の工房では、ガラス作家・林亜希子がひとりで全ての工程を行なっている。クオリアという聞き慣れない単語は、日本語にすると感覚質と訳されるもので、私たちが意識して感じる様々な質感のことを表すのだという。なんとなく良い感じ、夕焼けの赤いの感じ、風が頬を撫でる感じ、そういった質感を表す言葉がクオリアだ。私は彼女の工房「qualia-glassworks」を通じてこの単語に出会った時、なんだか救われたような気がした。自分の言葉では説明しきれない何かが、簡潔に表されていたからだ。彼女自身がこの単語に出会った時も、きっと似た感覚だったのではないだろうか。そんなことを想いながら、工房へと向かった。今日知りたいのは、「クオリア」を構成するものについて。

Glass Workshop "qualia-glassworks" in Gifu, Japan. Glass artist Akiko Hayashi is inovolved in every step of the production process. The workshop name "qualia" is an unfamiliar word. Simply put, it means "to feell." Qualia refers to the subjective quality of feelings that we experience, such as the lush greenness of rice fields or the palpitation we feel when falling love for the first time. What Akiko Hayashi aims for is the feeling of getting things "just right." While it may be hard to pin down the exact reason for it, the greatest attraction of her works is the sense of comfort we experience when we get our hands on them.

Photographer: Masashi Kuromoto(STUDIO crossing)
Interview, Edit: Misa Kuromoto

 林亜希子とはもう5年ほどの付き合いになるが、これまで工房の名前の由来や彼女の経歴について、あまり深く話すことがなかったように思う。改めて、工房の名前や場所について聞いてみる。

 9年目かな。場所はどこでもよかったんだけれど、美濃加茂にはちょうど実家の土地があって、それでここに工房を作りました。私の場合、ガラスという素材を使って何かを表現したいとかではなくて、なんていう事のない単純なコップでも、何かちょっとしたところ、これの、ここの感じが「なんか良いよね」というものが作れたら良いなと思って。それに当てはまる言葉を探してたら、茂木健一さんの本やったかな、で『クオリア(感覚質)』っていうのを見つけて。それで”qualia-glassworks”という名前にしました。同じようなものがたくさんある中で、ちゃんと言葉では表現できないんだけれど、何かぐっとくる感じっていう。わかりやすく良いもの、というよりはそういうものが作れたら良いなと思っています。

 What Akiko Hayashi aims for is the feeling of getting things "just right." While it may be hard to pin down the exact reason for it, the greatest attraction of her works is the sense of somfort we experience ehen we get our hands on them.

 ガラス作家・林亜希子の工房は、宅街の一角の静かなエリアにある。インダストリアルなデザインの工房兼住居は二階建てで、庭に面した一階が工房、二階は彼女の住居だ。工房のガラス窓にはqualia-glassworksというゴシック体の英文字が控えめに貼られていて、カーポートに駐車されているのは彼女の愛車、年季の入った白のジムニー。自作の道具や作業台が並ぶ作業場は、どれもこざっぱりと無骨なものばかり。アメリカ製の大きな溶解炉、様々な形をした鉄製の道具類、床を這うオレンジ色のコード、業務用の扇風機。実際に、制作の様子を見せてもらう。高温の炉で溶かされたガラスを竿に巻きつけ、息を吹き込み、成形する。柔らかい素材がみるみる形を変え、全身を使いリズミカルに作られていく工程は見ていて飽きない。

The first floor of her house is the workshop where she works like an artisan every day.Many convenient tools are lined up neatly in her simple workshop. Molten glass is wrapped around a long pole in the melting furnace, before being inflated using a blowpipe to form the final work. Every single work is rhythmically created by repeating this process that relies on every part of her body. No matter how many times you see her work her magic, it never gets boring.

 qualia-glassworlsの作品のラインアップは、独立当初からあまり変化がない。そのことについてたずねると、たくさんの種類を作るよりも、良いと思うものができたら、それをどんどん作り重ねていくのが自分のやり方だと言う。同じ作業を重ねる中で、ここをほんの少し薄くするとか、広くするとか、もっとシャープにするともっと良くなる、そういうことを繰り返す方が、種類を増やすことよりも大事だと考えている、と。その仕事について聞いていると、この、非常に地味なものづくりの姿勢こそが、彼女の作品に宿る「クオリア」の核であることに気づいた。色や形を大きく変化させるのではなく、毎日制作を重ねる中で加えられる微々たる変更点の重なりが、最終的な印象の明らかな違いにつながっている。

The types of works that she creates have not increased by very much since becoming independent. She considers it essential to bring each piece to perfection rather than having more types. Recently, there was a significant change in her mindset towards creation. In the past, she had a stronger sense that she was creating products. Lately, however, she seems to have a stronger sense that she is creating artwork. She takes care to generate the prettiness and balance for each shape, rather than having the same size overall. Her stance towards creation resides in her works, which is the essence of the “qualia.”

 qualia-glassworksの作品は一見プロダクトの様な均一さを持ちながら、手吹きガラス特有の柔らかな質感や、光の揺らぎ、不均等な美しさを魅せる。朝起きて、コップ一杯の水を飲むとき、その瞬間にささやかな美しさを添えてくれる。それは決して大きな声では主張しないけれど、使えばわかる、暮らしの中で定番になってゆく感じ。それが彼女の目指す「ちょうどいい感じ」というクオリアなのだ。

At first glance, her works seem to bear uniform characteristics in a way that resembles commercial products, but on closer inspection, you will notice the charming unevenness and gentle shimmer that are unique to hand-blown glass works. While these items may not stand out too much, they will gradually become an integral part of your life the more you use them. That is perhaps the feeling of getting things "just right" that Hayashi strives for.

作品ページを見る
Artist Profile
林 亜希子
岐阜|ガラス

1997年〜2002年 大阪府大阪市 旭硝子製作所勤務。 2002年〜2008年 大阪府和泉市 fresco勤務。2010年より岐阜県美濃加茂市にガラス工房を構え qualia-glassworks(クオリアグラスワークス)として制作活動を行う。GALLERY crossingでは毎年冬に新作発表を兼ねた展示会を開催。定番のグラスやプレートなどのうつわをはじめ、ペンダントライト、スタンドライトなどの照明作品も手がけている。

Artist Profile
Akiko Hayashi
Japan|Glass

She worked in Asahi Glass and fresco studio in Osaka, She will hold and produce a studio in Minokamo, Gifu Prefecture, in 2010. These peaceful looking glass items were made with the glass-blowing method. These beautiful fixtures born from reliable skills fostered through practice and a delicate aesthetic will harmonizw with your living space and bring a beautiful feeling of translucency to your life.

  • Ja
  • En